なぜ白髪になるの?

白髪が気になりだしたら、白髪染めに走るのもわかりますが、まずは白髪がなぜできるのかを考えてみるのも必要なのではないでしょうか?

そもそも白髪というのは、ストレスとか紫外線、食生活などが原因と言われています。

また最大の原因というのは、老化、年齢を重ねることでメラニン色素のは働きが弱くなるのです。

そうなのです。

白髪が増えてしまう原因というのは、実はいろいろ言われていますが、根本的には髪の毛を黒く見せている色素細胞の働きが弱くなってしまう、少なくなってしまうことにあるのです。

ちなみに色素細胞の働きが弱くなったり、少なくなるのは、年齢などが原因とされていますが、結局のところダメージが蓄積することに原因があります。

という事は逆に言えば、ダメージを蓄積させないことで黒髪をキープする事も出来るのです。

このキープをすれば髪の毛を白髪にさせない、防げるという事はわかりましたが、それでもやはり寄る年波には勝てない時もあります。

そういった場合には、これ以上白髪を増やさないように注意しつつ、白髪染めを上手に取り入れていくのもいいのではないでしょうか。

最初に述べましたように白髪染めというのは、最近どんどん品質改良がされて、髪を傷めるどころか髪の毛をケアしてくれたり、好きなカラーもどんどん増えています。

また生え際が気になるという方は、生え際専用とかピンポイントで染められる白髪染めまで登場しているのです。

こういった白髪染めを上手に使って、いつまでも若さと美しさをキープしましょう。

This entry was posted in 白髪になるのはどうして. Bookmark the permalink.

Comments are closed.